ページ内を移動するためのリンクです。




住まい・学費サポート

各種奨学制度

新聞奨学生

働きながら学ぼうとする学生に、大手新聞社から奨学金が支給される制度です。
新聞配達、集金などの業務に携わり、年間70万円~80万円程度の奨学金(奨学金より年1~2回にわたり支給されるなど、多少差異があります)及び月々の給与が支給されます。

※2010年1月現在の情報です。



対象 本校へ入学を希望し、勉学を志すもの

学費・生活費を自力で負担できますが、早朝勤務のための体力の自信と強い意志が求められます。
保護者や先生とよく相談のうえ決定してください。

新聞社名

詳しくは下記ホームページでもご覧になれます。

学資サポートプラン 自分の条件に合わせたプランを選ぼう

日本学生支援機構 新聞奨学生
行政系機関教育ローン 民間金融機関教育ローン


各種奨学制度

新入学生のための「学資サポートプラン」

本学園は日本学生支援機構・東京都育英資金の認定校です。月額で奨学金が貸与される奨学金制度で学生生活をサポートします。

※日本育英会の育英奨学事業は2004年4月より独立行政法人「日本学生支援機構」へと移管されました。

※2010年1月現在の情報です。

■ 日本学生支援機構
  第一奨学金 第二奨学金
申込(出願)
資格
(1)2年制課程の学科に在籍している学生。
(2)高等学校又は専修学校高等課程の2年次から3年次の成績が3.2以上
(3)経済的に修学が困難であること。
(4)日本学生支援機構の定める収入基準以内であること。

家計の目安は4人世帯(自宅通学で)
給与所得者 972 万円以内
給与所得者以外の所得者 486 万円以内
(1)2年制課程の学科に在籍している学生。
(2)日本学生支援機構が定めた次の3つの学力基準のいずれかに該当すること。
・高等学校における成績が平均水準以上の者。
・特定分野において、特に優れた資質があると認められる者。
・学修に意欲があり、学業を確実に終了できる見込みがあると認められる者。
(3)経済的に修学が困難があること。
(4)日本学生支援機構の定める収入基準以内であること。
家計の目安は4人世帯(自宅通勤で)
給与所得者 1,315 万円以内
給与所得者以外の所得者 780万円以内
貸与月額 自宅通学 53,000円/自宅外通学 60,000円 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から月額を選択できます。※平成22年度例。
利率 無利息 在学中は無利息、卒業後は年3%を上限とする利息つき。
返済期間 貸与終了後6ヵ月後、概ね9年~16年(貸与総額により異なる。)
出願期間 4月~6月
お問合せ 奨学金事業相談センター 0570-03-7240
お問い合わせ
『予約採用』

日本学生支援機構の申込期間はそれぞれ入学前に申込みが出来る「予約採用」制度もございます。詳しくは在学する高校の奨学金窓口にお問い合わせください。

■ 東京都育英資金
申込(出願)
資格
(1)本人と保護者の住所が東京都内であること。
(2)勉学意欲があり、経済的な理由により修学が困難であること。
(3)同種の奨学金等を他から借り受けていないこと。
(4)同一学種で、過去に東京都育英資金を借りていないこと。
(5)連帯保証人(申請するときに1名、貸付終了後1名追加)2名が立てられること。
貸与月額 自宅通学 53,000円※平成22年度例。
利率 無利息(ただし、期限までに返済されなかったときは、延滞金が加算されることがあります。)
返済期間 貸与終了後、6ヵ月間の措置期間終了後、最長返還期間内に返還。(貸付総額により最長返還期間が変わります。)
出願期間 4月~5月
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-5206-7929

学資サポートプラン 自分の条件に合わせたプランを選ぼう

日本学生支援機構 新聞奨学生
行政系機関教育ローン 民間金融機関教育ローン



住まい・学費サポート

新入学生のための学資サポートプラン 新入生のための住まいサポート 留学生の方へ
ページの先頭へ

Copyright(c)Adachi Gakuen. All rights reserved.

安達学園グループ